So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年のインフルエンザ [歳時記]

インフルエンザの患者が沢山やって来ます。それがBも多い。今年はワクチンの効きが悪いとかいうようですが、発熱患者の半分くらいがインフルエンザで、ワクチンをしている患者ではあんまりインフルエンザにならないようです。完璧ではないですが、やはりワクチンは偉大なあと思います。

海外のデータでは、毎年インフルエンザワクチンを接種する高齢者のICU入院が少ないとか。でも、毎年インフルエンザワクチンをする高齢者やその家族は健康意識も高いわけで、交絡もあるでしょうけど。

IMG_8101.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:健康

子宮頸がん予防ワクチンの顛末 [歳時記]

子宮頸がん予防ワクチンの結論が出たようですが、ワクチンの一般論と変わらない。しかも、パンフでは前と同じ文言の「積極的におすすめすることを一時的にやめています」は変わらない。

スクリーンショット 2018-01-19 10.01.15.png
 今年の最新のパンフ

スクリーンショット 2018-01-19 10.04.48.png
 5年前のパンフ 進歩したのは、「一時的に」というのが今年の文言に明示されたことか?5年もかけて研究費使ってもこの程度なのか?あるいはその慎重さは賞賛に値するのか?医師でもアンチワクチン派が大勢いるご時世ですから、、、、、本を書くドクターも居れば、ご丁寧に医師会ネットに意見を流すドクターまでいらっしゃる。

 私の娘は二人とももちろんワクチン接種しております、個人的コメントです。

スクリーンショット 2018-01-19 10.24.33.png
 今年1月のパンフの注意書きです 「一時的」の明示がポイント?なんでしょうかね、、、「一時的」が5年間!!ですね。10年だったら「しばらく」でしょうか?行政的政治用語の類ですね。
 
追記 肝心なことを書き忘れました。子宮頸がん予防ワクチンじゃなくて、HPVワクチンに名称変更したんですね。子宮頸がんだけを予防するわけではないですから。名称変更が重大ポイントね、、、、厚労省はともかく、積極的なおすすめはしないことは確かです。それが一時的でも恒久的でもね、、、


コメント(0) 
共通テーマ:健康

あけましておめでとうございます [歳時記]

あけましておめでとうございます。昨年の12月はついつい記事のアップが出来ませんでした。もう歳なんでチンタラとやっていきます。さっき職場に行くとスタッフが元日からテキパキと仕事に就いていてくれて感謝です。医療はスタッフ人材産業ですから、年末年始働いてくれる皆に感謝感謝です。

それでは今年もよろしくお願い致します。

IMG_7890.jpg
 白鳥が居ます



コメント(0) 
共通テーマ:健康

デ・エスカレーション [高血圧]

いつも思うのですが、高血圧治療法でステップアップ方式が常套手段らしい。弱い薬から始めて、単剤から多剤へと。軽症高血圧ならそれでいいんでしょうけど、収縮期が100mgを超えるようで、数年間ほったらかしなんて患者にはガツンと利尿薬を入れた三剤(あるいは四剤)を行きなり出すことにしています。

下がってきて安定したら、薬を減らす。抗菌薬のデ・エスカレーションと同じです。糖尿病の糖毒性という概念ではないですが、ガツンと下げないと高血圧の悪循環が始まって昔で言う悪性高血圧になりかねないと思うのですね。でも、本当に悪性高血圧は見かけなくなったと思いますが、いい薬が出ていますからね。

かつ、患者には生活習慣さえ整えれば、薬も減るし、卒業できるひとも多いからねと述べて治療継続を説得します。未だに都市伝説の降圧薬は飲み始めれば一生止められないと思い込んで来院しない患者がいるもんです。

IMG_7541.jpg
鑑賞用トウガラシの実 これは食べられない 残念!!


コメント(0) 
共通テーマ:健康

ADEMじゃなかった [歳時記]

先日のインフルエンザワクチン後の一過性の高熱、脱力感患者は、神経内科専門医に診て貰って、ADEMは否定されて紹介状の返事が来ました。だよね、、、、比較的若い女性は苦手なんです。セクハラになるから余り言いたくないのですが、表現や自覚症状の訴えがオーバーなことが多い。それを差し引いて診察するのが名医なんだろうが、私は迷医だからね、、、、

IMG_3490.jpg
 まあちょっと一杯、、、
コメント(0) 
共通テーマ:健康

ADEM? [歳時記]

インフルエンザワクチンのシーズンですが、話に聞く急性散在性脳脊髄炎(ADEM)を疑わせる接種者が来ました。脱力感はあるのですが、はっきりした脱力はない。めまいはあるものの脳神経学的所見は今のところ皆無。ワクチン接種後2時間で38℃の熱発。もともと愁訴のやや多い女性で、心因性のものもあるかもしれない。兎も角、脳神経内科専門医に診て貰うことにした。


コメント(0) 
共通テーマ:健康

不健康増進法 [歳時記]

政府与党自民党と公明党のおかげで、飲食店での喫煙は大幅緩和されるようです。これでは健康増進法ではなく不健康増進法となりかねません。こういう先進国があっていいのか?長寿を自画自賛しているようでは終わりだな、と思います。


コメント(0) 
共通テーマ:健康

公衆衛生看護 [歳時記]

その昔、看護学部で公衆衛生学なんぞを担当していました。初めから保健師志望の学生はモチベーションも高く、市や県の保健師になったのが何人も居ます。一方で多くは臨床看護師志望で看護師にほとんどなっていました。最近になって、臨床看護師を辞めて保健師業(と言っても健診施設や産業保健師などが多いですが)となるひとも出てきました。まあ、いわゆる大人の事情でしょう。

臨床看護経験があるのは良いのですが、臨床看護師は患者を個で看るのが基本です。でも公衆衛生看護は集団で診る必要が本来あるのですが、そこがどうなんだろうと古い考え方もしれませんが思うのです。今はどうも公衆衛生看護という言葉も死語と化しているような。

職域集団や地域集団、そして予防の観点から考える公衆衛生看護という視点はサバイバルしているのか?ちょっと危惧しますがね、、、

IMG_7521.jpg
 宮城県鳴子


コメント(0) 
共通テーマ:健康

青息吐息のサバイバル? [歳時記]

一般病院の収益の悪さは過去ワーストスリーなんだそうです。でしょうなあ、、、愚痴は言いたくないけど、ほんと苦しい状況です。公的病院や基幹病院はまだしも民間地域病院は青息吐息ですわ。厚労省のビジョンは、急性期を診る基幹病院と、あとは在宅開業医だけという構想なんでしょう。急性期は乗りきったけど、在宅では?という患者は難民化しそうですが。

IMG_7319.jpg
 四国松山城から



コメント(0) 
共通テーマ:健康

シナカルセト [腎臓]

透析患者で、突然、高カルシウム血症になったかたがいました。活性型ビタミンDを二次性副甲状腺機能亢進症予防に投与していたのですが、焦りました。血清カルシウム値が補正値で14mg/dlですから。食事の時にこぼす食事が多くなっていたのに気が付いていたのですが、、、

慌てて、活性型ビタミンDを切り、沈降炭酸カルシウムを切り、シナカルセトを投与。数日で正常化。行きなり高カルシウム血症ですから、血液疾患、がん等を考えたのですが、検査にひっかからない。やっぱり医原性のものか?でも、今まではこんなに急激に血清カルシム値は上がらなかったんですがね。

あんまりシナカルセトは使わないで二次性副甲状腺機能亢進症を管理しているのですが、この時ばかりはシナカルセトがあって良かったと思いましたよ。ふーーーーー

CIMG1257.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -