So-net無料ブログ作成
検索選択

日光消毒と捏造防止? [一般臨床]

 未だに公的病院の応援外来をやっていますが、楽しみは公的病院の医局には医系雑誌が置いてありそれが手にとって読めること。ネットでも概要だけはわかりますが。で、New England をさらっとみると、Sunshine Actなんてタイトルが目に飛び込み、Sunlight as Disinfectantなんてある。

 なんだ今更、日光消毒の有用性を強調して環境にやさしい消毒でもやる法律でも作ったのか?と思ったら全然違った。マサチューセッツ州では、医師が製薬会社や医療機器メーカーから得た収入を申告する制度を作るということで、その法律がSunshine Actという意味深長なネーミングということ。

 つまり医師のそういった収入を白日の下に晒してconflict of interestを明示し、消毒するということらしい。なるほどね、、、、最近の日本の学会では形式的にCOIを明示するんですが、どうみても薬剤メーカーの治験発表みたいのがある。ありゃ本当にCOIはないのかね?とシゲシゲと見るんですがね、、、

 例の論文捏造があった関連する学会の重鎮はすべてこのような日光消毒を受けるといいんじゃないかな?Lancet だかNewEnglandのCOI開示には、「この研究の分析に◎◎まで出かけた旅費のサポートを受けました」なんてことまで明示してあったりする。日本も見習って、この研究の分析には京都祇園の宴会に出かけて議論し、その旅費と花代まで◎◎製薬会社からサポートされた、なんて書くべきじゃないのかな?ああ、、これは比喩、冗談ですよ(^。^)

スクリーンショット 2013-06-07 10.45.31.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。