So-net無料ブログ作成

遺伝よりも生活習慣 [健康政策]

 日経の「がん社会を診る」を見ていますが、なんだか公衆衛生のようで興味深い。もともと私は公衆衛生医でしたので。がんの予防は生活習慣の改善からが鉄則で、そのことを筆者は述べています。とても好ましい。

 日本の「胃がん」は、高食塩食が原因。その昔の米国も1930年代40年代は胃がんがトップでした。冷蔵庫が普及して食品の塩蔵が減ると胃がんは激減して行き、今や日本の10分の1くらいと解説していました。

 日本は特に東北は、この塩蔵の漬物を冷蔵庫が普及しても地産地消の名産品と生産している。さらに漬物がうまく出来ないようでは嫁でないと姑が怒る風習まである。これじゃあ脳卒中も胃がんも減らない。それでも昔よりは脳卒中や胃がんが減ってきたのは食塩摂取量が社会全体として減ってきたから。

 その昔、市町村の健康計画にかかわったのですが、「漬物廃止」を述べても相手にされなかった。漬物食べて脳の活性化や早期胃がん検診しましょうってのは何かおかしくないか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0