So-net無料ブログ作成
検索選択

Intradialysis Hypertension [腎臓]

スクリーンショット 2016-02-16 23.29.56.png
(Hypertension 2015;66:456-463)

このBrief Reviewはちょっと期待したんですが、それほどでもなかったです。透析をやっていると、時に透析中に血圧がバンバンあがるかたがいます。どうするか?と言うとドライウェイト(DW)を下げて、降圧薬はACE-I、βブロッカーを投与します。このレビューでも同じような対応です。

透析は体外循環ですから、これによってRA系が活性化し、交感神経系も活性化。電解質や水分調整機能は廃絶している腎臓で透析を必要としていますが、内分泌系としての腎臓が部分的にまだ生きている。

経験的には、DWを徐々に落としてACE-Iを投与しておくと大抵は透析中の高血圧がなくなるようです。高齢の場合はむしろhypotensionが管理しにくいのですがね。個人的にはARBよりもACE-Iの方が降圧作用、血圧安定化作用は強いと思いますが。

ところで、intraは「中で」という意味で、interは「間で」という意味です。ちょっと日本人にはややこしいんですが、英語だと intraはinside, withinと書いてあり、interはbetween, from one to anotherと判りやすく書いてありますね。なるほど高速道路のインターチェンジは別の道路に続くという意味なんだとわかる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。