So-net無料ブログ作成

田舎の医師不足 [歳時記]

ドイツ語では、ランドアルツが田舎の医師という意味ですが、今は地方に医師が不足しています。これはあの2004年の新臨床研修制度が拍車をかけたことは明白。厚労省は大学医局支配潰しにこの制度を導入したとは言いませんが、結果的にはそうなった。

なんだかよくわからない新専門医制度もこのランドアルツ不足問題でスタートが遅れていますが、制度自体が何を目指しているのか不明。いわゆる中長期的なグラウンドビジョンがないので場当たり的なのか。専門性担保する為にお国が手を出すわけなのか?さらに、これにランドアルツ不足の背景も盛り込むのだから上手く行くわけがない。

専門性と(経済的な)効率性を求めれば、不効率で何でも屋のランドアルツは不要となる。何でも屋の総合医を新たな専門医とするというわけのわからないビジョンもあるらしい。何でも屋の専門医とは不思議なもの。もともと新臨床研修制度自体が何でも診るプライマリー医創設のためではなかったか?

この新臨床研修制度のために大卒の若い医師は都市部に集中した。それまで大学医局は、地方に医師派遣の役目も果たしてきたんですが、それも当然瓦解した。どうも、一時的には都市部に若い医師が集中しても、いずれは地方に来るとノー天気なことを考えていたのか。

ある偉い先生が、やがて新臨床研修制度が回転すれば、都市部からプライマリーケアができる若い医師が地方に回ってくると超楽観的なことを述べていました。さらに今回、新専門医制度を導入すれば都市部の専門医取得に有利な病院に若き医師が集まることは眼に見えています。お上は何を考えているのかわからない。


FullSizeRender.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0