So-net無料ブログ作成
検索選択

温泉療法医会2016東北地区研修会 [一般臨床]

私は温泉療法医の資格を取っているんですが、その研修会に行ってきました。温泉療法とはbalneotherapyです。代替医療と勘違いするかたも多いのですが、歴とした医学医療です。まあ、それはさておき、今回研修会のテーマの一つは『災害時の医療活動における漢方、針灸の役割』(東北大高山 真准教授)で興味がありました。

東日本大震災でも活躍されたドクターで、興味ある講演でした。大災害時には検査診断機器が使えない中で、漢方はそんな検査診断機器を使わずとも活用できます。かつ、漢方の効き目は一般に考えられているような長期に服用していなければ、ダメというわけでもない。

有効な漢方処方はすぐに効く。急性期疾患の処方日数は三日だとか。高齢者の睡眠障害に安易にエチゾラムを使うと依存症になって切れなくなりがちですが、これに対して漢方を処方する方法とか。加味帰脾湯や抑肝散を使用するとか。なるほどなるほど。

震災後の不眠や不安解消にエチゾラムを使って、その後依存症なって切れない例があるとか。そんな時に漢方を使って、できるだけ短期間、少量のエチゾラムで切り抜けるとか、参考になる講演でした。

IMG_2502.jpg
 ところで研修会の会場は、三十数年前の私が医学生の時の講義室でした。懐かしいを通り越して不思議な感じがしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0