So-net無料ブログ作成
検索選択

コレステロールの事 [一般臨床]

スクリーンショット 2017-04-29 5.47.16.png

臨床の現場では、LDLコレステロールとHDLと中性脂肪を測るのですが、古典的に?トータルコレステロールと、HDLと中性脂肪を測るドクターも多いです。こうなると例のFriedewaldの式を使ってLDLを出さないと駄目なんで、面倒だなあと思うのです。

そりゃTGが400以上だとFriedewaldでしょうけどね。最近はHDLが高すぎると全死亡率が上がるというデータも出ていますが、微妙なのはこの心血管系死亡率ではなく全死亡率が上がるということ。動脈硬化予防は、やはりLDLで管理すべきじゃないのか?

Medscopeの記事もこのLDLのこと。大規模なメタ解析でもLDLが上昇すると直線的ではなくlog-linear的に心血管系リスクが上昇すると出たと。でしょうね。生物反応は大抵はログ・リニアーな関係ですから。統計的に家族性高脂血症など重度の心血管系リスク例が入ってきますからね。

で、こちらはLDLで管理なんですが、トータルコレステロールとHDLとTGで測っているカルテが回ってくると、一々電卓だして(私はスマホ代わりのiPod touchの電卓画面ですが)、どうしてLDLを測らないの!!と嘆くわけです(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。