So-net無料ブログ作成

医療費が高いと死亡率が下がる? [疫学]

タイトルは日経新聞のタイトルのようですが、日経新聞は医療費叩きの急先鋒ですから、言いたいのは、医療費をかけても死亡率はむしろ上がるんだから無駄だと言いたいのか?と思ったりします。まあ、詳しくは日経の記事を読むしか無いでしょう。

ネットにはわざわざグラフで医療費が高くて死亡率も高い地域が赤くなるようになっていて、この地域はアカンとでも言いたいのでしょうか?

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/health-expenditures-map/?n_cid=DSPRM1489

でも、これは疫学で言う原因なのか?結果なのか判らない横断研究そのものです。医療者なら、死亡率が高いから医療費が高くなると思うでしょうし、だから積極的に健康づくり予防医学を導入しては?となるでしょう。あるいは、これらの地域は収入が低く高齢者が多いかもしれない。それらを補正したらどうなるか?を考えるべきでしょうし、さらに言えば、縦断研究はどうなのか?同じ高齢化率でほぼ同じ収入の地域で、医療費をかけた地域とかけてない地域で数年後に本当に死亡率が違うのか?

IMG_5483.jpg
 歳をとったらこの岩に座ろう「じじばば石」 この岩に座れば医療費はかからない!?

追記 その後、日経の記事には高齢化率の補正をかけているようです。日経が述べたいスタンスは、例によって費用対効果ということらしい。医療費高いのに死亡率高いのは費用対効果が悪いのではないか?と、、、でもね、大酒飲んでチェーンスモーカーが多い地域なら医療費も高いし死亡率も高いでしょうなあ、、、卑近な経営論理と医療とは違うんだけどね。それでいて日経は混合医療賛成でしょうから、医療格差も広がり、米国並みに医療費高騰するでしょうなあ、、、、日経は何が言いたいのやら???


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0