So-net無料ブログ作成

「がん対策基本法」に欠けている概念 [歳時記]

昨年の末に「がん対策基本法」が改正されました。メインは「がん患者の雇用継続」で「がん教育推進を求める」です。これはいいのですが、弱いのは何度も言いますが、「がんの予防対策」です。がんになってからの対策だけが「がん対策基本法」のメインというのでは困ります。

分煙禁煙強化法案でさえ難渋している日本は発展途上国並で、なんともし難い。本気でがん対策を考えているとは思えません。

昨日もblogしましたが、以下のことを国民に啓発教育するのが国、地方自治体の役割では?居酒屋に気をつかってがん対策を蔑ろにする自民党タバコ派には呆れるばかり、、、、、

 1.たばこは吸わない
 2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
 3.お酒はほどほどに
 4.バランスのとれた食生活を
 5.塩辛い食品は控えめに
 6.野菜や果物は不足にならないように
 7.適度に運動
 8.適切な体重維持
 9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0