So-net無料ブログ作成
検索選択

MASH [歳時記]


マッシュ (角川文庫)

マッシュ (角川文庫)

  • 作者: リチャード・フッカー
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 1970/09
  • メディア: 文庫


若い人にはわからないでしょうが、その昔、朝鮮戦争時の米陸軍移動野戦外科病院の外科医の日常を描く小説「MASH(mobile army surgical hospital)」を読んだ覚えがあります。当時はベトナム戦争時で、映画化もされました。コメディーなんですが、先日、ふと読んでみました。読んでみると朝鮮戦争当時でも米軍の救急外科治療レベルは進歩していたんだと改めて気がつきました。

読んだ当時はこちらは高校生で、医学知識が皆無でしたから気が付かなかったですが、野戦病院外科医の物語ですから、安っぽいヒューマニズムを語る日本のERテレビドラマよりもリアルかつユーモアたっぷりです。当時はヘリコプターの黎明期で、夜明けの朝6時と日没の夕方6時が有視界飛行のギリギリで、この時刻がヘリボーンで重症患者を運びこむ魔の時間帯となったと。ヘリコプターが夜間飛行できなかった時代です。

なんだか、この小説を読むと米国の救急救命外科医療には日本はなかなか追いつけないような気がします。米国は戦争国家ですが、ある意味でそれだけのことはある。小説の終りに新任の外科医の実践教育が描かれていますが、コメディータッチですが日本はいつまでも追いつかないような気がして当惑。だって、この小説の舞台は60年ほども前なんですよ、、、、


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。