So-net無料ブログ作成

ARBはDM発症を抑制?でもあるだろうけどね、、、 [高血圧]

The 21st Asian Pacific Society of Cardiology (APSC) Congressで、カンデサルタンの長期投与で糖尿病発症が3割も抑制されたという発表が京大からあったようです。例のCASE-Jスタディですが、まだやっていたのね?という感じがありますが、色々とごたついたスタディです。

率直に言うとホントかね?と思うのですが、糖尿病の発症定義がちょっと曖昧。主治医が糖尿病と診断したとか、治療が始まったという申告でのDM定義。ただ、ARBはカリウムを上げる傾向があるので、糖尿病の発症は抑制するかな?とも思いますけどね。

ディオバン事件といい、なんだかなあというのが率直な印象なんですが。カルシウム拮抗薬よりカンデサルタンには糖尿病予防効果があると誇大広告の勇み足をしないようにした方がいいでしょうけど。カリウムを上げることでの糖尿病予防効果ならカンデサルタンに限らず他のARB、そしてACE-Iでも予防効果があるんでしょう。そこは気になりますがね。

スクリーンショット 2017-07-26 14.58.35.png


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0