So-net無料ブログ作成

選択バイアスと交絡のこととcoup de grace [疫学]

今更、疫学の講義をするわけでもなし、でも、ちょっと気になるので。先日、「Enough With the Coffee Research and Other Distractions」という記事を上げました。このタイトルを意訳すると、「珈琲研究やその他お楽しみ疫学研究はもう沢山だよ!」でしょうかね。

珈琲を飲むと全死亡率が減るとか、ワインを飲むと糖尿病予防になるとか色々あります。疫学をかじったかたは判る話しです。そういう方はスキップして下さい。珈琲やワイン(赤ワイン?)の類の疫学研究は沢山あります。でも、お楽しみとして読むくらいでいいですね。緑茶がいいという研究もありますね。

でもね、交絡ありますからね。そもそも、珈琲とか緑茶を飲む層って、豊かな階層が多いですよ。ワインもそうでしょう。米国の疫学研究では平気で所得を問う項目がありますが、日本ではまずタブーでしょうし、学歴も日本ではタブーでしょう。だから日本では補正しようがない。

豊かな階層が嗜好品である珈琲や緑茶を飲むとすれば(豊かで無ければ嗜好品は買えない)、これら嗜好品ではなく豊かな階層だからそもそも病気が少ないということになる。また、よくありますが、飲み過ぎはダメだけど、適正な量、つまり控え目なアルコールは良いともっともらしい論文もありますわな。

でもね、アルコールを飲み過ぎないように気をつける層は、アルコール以外にも健康に留意して、他の食事や体重や運動にも気配りしている。かつ、そこまで気をつける階層とはインテリ層が多く、収入や学歴も高いはず。これも交絡そのもの。

IMG_6441.jpg
有名な観察研究として、第二次世界大戦中のフランスのアルコール消費量(ワイン消費量)と死亡率の統計研究があります。第二次世界大戦中のナチスドイツ支配下のフランスではアルコールが消費量が激減して、肝硬変等の死亡率が劇的?に低下した。ヒットラーは禁酒主義者だったね。

あれ?それおかしいだろうと消化器科のドクターは考えるはず。アルコールによる肝硬変は年余がかかるから、高々4〜5年では肝硬変死は減らないだろうと。違うんですね、肝硬変の患者はアルコールを飲み続けると「とどめの一撃」(仏語で coup de grace と言うんですが、論文に出ていた)として吐血やら敗血症やらで亡くなるんですね。それがナチスドイツ支配下のアルコール不自由生活で回避されたんですね。ワインは健康に良い???そうかね?

観察研究はそこから真実が垣間見られる そこが面白い 外科医の友人が最近は飲み屋で、やたらと赤ワインを注文したがるんですよね(日本の飲み屋のワインは高いだけで不味いので私は絶対に注文しないけど)、、、都市伝説信じているのね、でもそのフランスではワイン離れでワイン消費量が年々減ってワイン業者は困っているのよね、、、


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康