So-net無料ブログ作成
検索選択

気になるタイトル気になる中止 [歳時記]

MRさんの話しはまず聞かないのですが、ネットの講演会はよく視聴しています。先日、「リアルワールドエビデンスから見えてきたDOACの有用性~日本の実臨床への応用を考える~」が諸事情により中止となったとメールが来たのです。諸事情って何かしらん?

気になるタイトルで楽しみにしていたのですが、中止となって(こんなの初めて)、ますます気になるのですがね、、、、、不都合な真実だったのかしらん???(笑)

IMG_6470.jpg
 アーティチョーク?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

NOACはなぜ普及しない? [歳時記]

とあるblog見ていたら、タイトルようなニュアンスの記事がありました。NOACだかDOACだか知りませんが、ワルファリンの方が私は好みです。腎機能低下の患者がもともと多いからワルファリンが調整しやすい。出血の副作用はNOACもワルファリンも同様にあるような感触です。

NOACの一番の問題はコストです。納豆が食べられる高いNOACにするか、納豆我慢して廉価なワルファリンにするか?ですが、高い納豆になると多くの患者さん(特に高齢年金暮らしの患者)は敬遠します。NOACの宣伝攻勢はとどまるところを知りませんが、そりゃそうです薬価高い。

話は簡単で昔、ある政治家が述べて顰蹙を買った金目でしょうとなります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

活性酸素?? [歳時記]

この本の著者はあのNHKのやり過ぎ合点健康番組にも出た売れっ子らしいです。それはいいのですが、ネットの著者の記事を見ると、運動のやり過ぎは良くないとあり、たとえばトライアスロンを何度も走破した人が脚の血管を痛めたのは運動のやり過ぎによる活性酸素の為だとコメントしていました。

思わず、のけぞってしまいました。しかも著者は有名な加齢医学の研究所の要職にある。活性酸素の都市伝説の中に持論を繰り広げているんですかね。ちょっとなあ、、、、


なぜ、健康な人は「運動」をしないのか?

なぜ、健康な人は「運動」をしないのか?

  • 作者: 青柳 幸利
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2014/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

専門医の資格 [歳時記]

専門医制度のことが話題となっています。で、それとは全く関係ないですが、◎◎専門医と標榜するなら、少なくともその病気にはなってないのが条件なんじゃないか?と。高血圧専門医なら高血圧症ではないこと、糖尿病専門医なら糖尿病(II型)でないこと、、、、今はその病気の予防まで云々する時代ですからね。せめていわゆる生活習慣病で予防が可能な疾病の専門医は、その病気でないことが専門医の基本条件じゃないですかね?嫌味かな?

IMG_6137.jpg
仙台空港 国際線到着ロビーにある金魚に跨がる金太郎?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

若々しい血管を保つ 無理筋とは言いませんが、、、 [歳時記]

ケアネットに紹介されていましたが、Hypertensionに載った論文で、あのフラミンガムスタディー(まだやっているんですね、立派)のスタディーで、若々しい血管を保つことは可能だという論文です。しかし、これが可能だというだけで極めて難しい。

血管を健康とする定義は、高血圧でないこととPWVで見ている。結論から言うと、50歳代で30パーセント位がこの定義に当てはまる。が、70歳代となるとその定義に当てはまるのは僅か1パーセント。

で、血管の若さを保つには実にオーソドックスな方法しかない。血圧、脂質、血糖のコントロール、健康的な食生活、運動習慣、減量、禁煙。例として、狩猟採集して暮らす先住民族にはほとんど高血圧が無いと、、、、

まあ、そりゃそうですが、そういう例を出されてもこりゃ極めて難しいと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

秋田良いとこ [歳時記]

私の亡父は秋田出身ですが、二度がんになり最後に肝転移で死亡しました。タバコ(途中で止めましたが)と高塩分食が大好きでした。私が大学生の時に関西から友人が来て、我が家の味噌汁を口にしたら辛くて飲めないとお湯をさしていた。父はアルコールも大好きで弱いクセに毎日晩酌。

夕食は酒を飲みながらオカズを食べて、最後にご飯を食べるという伝統的?なスタイル。父方の祖父、つまり亡父の父親もがん死。父の兄弟の多くががんになっています。ところで、昨年の人口動態統計(概数)では、秋田県が、自殺率、がん死、脳血管疾患などで全国ワーストとなったそうです。

さもありなんです。高塩分食に喫煙率も高いそうで、それじゃあこんなもんでしょう。日本一の人口減少県のようですし、限界集落が全県化しているとは言い過ぎか???秋田は美人が多いと言われますが、確かに美人薄命なんでしょうなあ、、、、

IMG_5804.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

MASH [歳時記]


マッシュ (角川文庫)

マッシュ (角川文庫)

  • 作者: リチャード・フッカー
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 1970/09
  • メディア: 文庫


若い人にはわからないでしょうが、その昔、朝鮮戦争時の米陸軍移動野戦外科病院の外科医の日常を描く小説「MASH(mobile army surgical hospital)」を読んだ覚えがあります。当時はベトナム戦争時で、映画化もされました。コメディーなんですが、先日、ふと読んでみました。読んでみると朝鮮戦争当時でも米軍の救急外科治療レベルは進歩していたんだと改めて気がつきました。

読んだ当時はこちらは高校生で、医学知識が皆無でしたから気が付かなかったですが、野戦病院外科医の物語ですから、安っぽいヒューマニズムを語る日本のERテレビドラマよりもリアルかつユーモアたっぷりです。当時はヘリコプターの黎明期で、夜明けの朝6時と日没の夕方6時が有視界飛行のギリギリで、この時刻がヘリボーンで重症患者を運びこむ魔の時間帯となったと。ヘリコプターが夜間飛行できなかった時代です。

なんだか、この小説を読むと米国の救急救命外科医療には日本はなかなか追いつけないような気がします。米国は戦争国家ですが、ある意味でそれだけのことはある。小説の終りに新任の外科医の実践教育が描かれていますが、コメディータッチですが日本はいつまでも追いつかないような気がして当惑。だって、この小説の舞台は60年ほども前なんですよ、、、、


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「がん対策基本法」に欠けている概念 [歳時記]

昨年の末に「がん対策基本法」が改正されました。メインは「がん患者の雇用継続」で「がん教育推進を求める」です。これはいいのですが、弱いのは何度も言いますが、「がんの予防対策」です。がんになってからの対策だけが「がん対策基本法」のメインというのでは困ります。

分煙禁煙強化法案でさえ難渋している日本は発展途上国並で、なんともし難い。本気でがん対策を考えているとは思えません。

昨日もblogしましたが、以下のことを国民に啓発教育するのが国、地方自治体の役割では?居酒屋に気をつかってがん対策を蔑ろにする自民党タバコ派には呆れるばかり、、、、、

 1.たばこは吸わない
 2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
 3.お酒はほどほどに
 4.バランスのとれた食生活を
 5.塩辛い食品は控えめに
 6.野菜や果物は不足にならないように
 7.適度に運動
 8.適切な体重維持
 9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

三蔵法師 [歳時記]

先日、皮膚科のブースから、こんなやり取りが聞こえました。大きな声の男性と予診係の看護師の会話ですが。
「前の病院ではなんと言われましたか?」
「私には三蔵法師としか聞こえなかったんだが、、、、」
「三蔵法師ですか?」
「三蔵法師だよ」
「ああ、帯状疱疹と言われたのではないですか?」
「いや、私の耳には三蔵法師としか聞こえなかった、、、」

Pasted Graphic.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

激しい運動はアンチエイジング?? [歳時記]

自分が年取って来ると思うのは、そこそこの運動ではあまり効果がないのではないか?ということ。これは科学的でも医学的エビデンスもないのですが。公衆衛生をやっていた頃は、介入研究などで確かにマイルドな運動でもしないよりはずっとましな傾向は掴んでいました。

しかし、アンチエイジングを目指すなら、ハードな運動が不可欠ではないか?と思うのです。時々、高齢でもとんでもないパフォーマンスのひとが居ますが、それなりのトレーニングをやっています。廃用症候群とは言いますが、これは運動負荷で防げるものです。

アメリカの月刊誌「予防医学」の4月号に激しい運動はテロメアの長さを維持するという論文が載っていたようです(5千人余りの調査ですが詳しく読んでいません)。ここでの激しい運動とは、1回30〜40分のランニングを週5回以上です。これはそこそこの運動ではありません。

相当の運動愛好家じゃないと出来ないレベルの運動習慣でしょう。怪しげな響きのあるアンチエイジングですが、強度の強い運動を頻回やるという運動習慣で得られるのでは?と思います。中高年を診ていて思うのは不動の日常化です。

ロコモ症候群は、関節や筋肉などの運動器だけではなく、不動そのものが内臓の衰えを招く。逆に運動はアンチエイジングになる。しかし、かなり強度の強い頻度の多い運動習慣でなければならないのでは?と。運動の効果ですが、最大の欠点は継続してないと効果が減じることです。

IMG_5355.jpg
神割崎 宮城県南三陸


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康