So-net無料ブログ作成
検索選択

患者さんはお客様じゃない [歳時記]

先日、外来で高血圧患者さんに、血圧を病院で測るのは当然ですと述べると、家庭血圧測っているんだから不要だという意識で、「客にその態度は無いだろう!」と立腹されました。で、患者さんはお客ではありませんと述べると、「じゃあ何なんだ?」と仰るので、「あなたは患者、私は医師、患者と医師の関係です」と答えました。

どういうわけか、患者様はお客様という概念が広まったようですが(誰ですかね?こんな概念を広めたのは、、)、これは誤った発想です。国民皆保険制度の下では患者はお客様でもなければ、尊大横柄傲慢な医師もありえない。病気を治療するための患者医師関係であって、いわゆるサービス業でもない。日本の国民皆保険制度の枠組みの中で成り立っている患者医師関係であって、俺は診察料払ったんだから客だという意識では真っ当な医療はできません。

Pasted Graphic.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あけましておめでとうございます [歳時記]

今日から仕事始めですが、もうスタッフは年末年始から働いています。ありがたい!!こちらは大部パワーが落ちてきましたが、よろしくお願い致します。


categoryImage.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

国民皆保険制度の重要性 [歳時記]

米国のことですが、オバマ大統領が整備したオバマケアは、次期大統領のトランプ氏によって撤廃されるそうですが、なんとその撤廃必至のオバマケアの駆け込み加入者が殺到しているそうです。米国は先進国で唯一国民皆保険制度の無い国です。それを是正しようとしたオバマケアですが、またトランプ次期大統領は撤廃。

そのトランプ新大統領の代替えプランがよく見えないし、財源も曖昧ということで不安視されている。いずれにしても日本も国民皆保険制度の堅持は不可欠でしょう。いつでもどこでもだれでも医療機関にかかれる国は世界広しといえど日本だけ。

Pasted Graphic.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

e-learnigの時代 [歳時記]

シニアになると学会や研究会に行くのも億劫になる。そういう時には便利なものがある。e-learnigです。最近、凝っているのは日本循環器学会のe-learningシステム。だいたい各タイトル15分くらいでコンパクトに収まっているので、最新の情報やガイドラインに準拠した診断治療の再確認には便利です。昼休みや自宅でも簡便に視聴できる。

ele.jpg

ところで、今の若い世代や医師国家試験受験生は大変だなあと思います。学ぶべきことが多すぎるし、しかしその知識はどんどん進歩(進化とは言わないよ)するから、知識のアップデートは大変だわね、、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

医療クイズの質? [歳時記]

ネットの医療系サイトでよくクイズをやります。まあ、ポイントが貯まるという特典もあるんですが(笑)、でも中には随分とオタクな出題もあり、かつどんだけ日常臨床に役に立つのか?不明の問題もあります。最新の話題の論文を読んでないと答えられない問題が出題されることもあります。しかも、海外の論文。

こんなもんが日本の臨床に役に立つのか?あるいは、確かに最新の論文ではそうだが、それが確定したエビデンスと言えるのか?不明です。今は専門医ブームだったり、NHKの医療バラエティのようにGPばやりだったりしますが、いたずらにオタクでトリッキーでエビデンスはどこ?という設問も多いようです。

また、医療系サイトにはスポンサー企業が付きますから、出題自体がスポンサー企業のキュレーションがかかっている可能性もあります。注意も必要でしょう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コマーシャリズムと処方 [歳時記]

高い薬は製薬会社が力を入れて宣伝するので、どうしても使用頻度が余計に高くなる。コマーシャリズムに流されるドクターも多いのでしょう。何度も書いていることですが、テレビで武田なんとかさんが、慢性疼痛の宣伝をするので、私もそれじゃないですか?と外来によく来ますが、これも製薬会社のコマーシャリズムの典型でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

受動喫煙防止 [歳時記]

passive_logo_dl.jpg

このマークは勝手にデザインを変えない限り、誰が使ってもよいらしい。厚労省のホームページからダウンロード出来ます。日本はまだまだ喫煙率が高いですからね。喫煙しておきながら、風邪の咳がなかなか止まらないという患者が来ると、説教したくなりますなあ、、、、ネットで見ると「私は咳喘息じゃないでしょうか?」とか仰るのだが、『いいえ、違います。あなたはタバコ病です!』と言いたくなりますが、、、

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

総合診療医ドクターG [歳時記]

前にも書いたのですが、このNHKの番組「総合診療医 ドクターG」の趣旨がわからない。かなり専門的な内容ですが、これは研修医向けなのか?NHKの総合でやっているのだから、視聴率を取るために医療をネタにする総合バラエティー番組なのか?

回答解説に出てくるドクターは一体何様なんだろうか?医療をバラエティークイズにして何が嬉しいのだろうか?自分はこんなに名医の総合医なんだと言いたいのだろうか?

番組紹介に『総合診療医が病名を探り当てるまでの謎解きの面白さをスタジオで展開する、新感覚!病名推理エンターテインメント番組。総合診療医“ドクターG”が、誰にでも思い当たるような症状で、見逃しがちな難しい病気をひっさげてスタジオに登場。
中略
総合診療医は問診や身体診察を通して、症状だけでなく、過去の病歴、家族関係、食生活、仕事や趣味などから、患者を総合的に診断する。専門化が進みすぎた医療界を抜本的に変革するために生まれた新しい医師像。なお、“ドクターG”は、General Medicine(総合診療)からとった番組上の造語。』

医療をエンターテインメントにして何が嬉しいのか?新しい医師像を具現化したドクターがお出ましか?立派なもんだ、、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

やがて来る冬の時代 [歳時記]

団塊の世代が後期高齢者になりつつありますが、この世代が過ぎれば医療ニーズは減るでしょう。さらに医薬品や技術の発展で、重症化も生じなくなりつつある。人口減少国家ですから、やがて患者もドンドン減り始める。

疫学的な予測統計だと、あと数百年で日本の人口はゼロとなる。戦乱や天変地異以外で人口が減少始めると止まることはない。段階の世代後の日本を考える時代となっているんでしょうね。というような夢をみていて目が覚めた。

IMG_1703.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

減塩は未だ遠し [歳時記]

高血圧管理には減塩ですが、これほど基本的なことがまだまだです。特に東北地方はそうです。それでもかなり塩分摂取量は減ってきましたけど。CareNetに塩分は少量でも有害だという論文の紹介がありました。以前、あるドクターがもう降圧薬が発達したので減塩なんか要らないと述べていたので、のけぞった覚えがあります。

最近高血圧業界の大先輩が退任の業績集に、通勤ウォーキングの運動を習慣化したら降圧薬の数が減ったと書いてありました。高血圧の非薬物療法は大切ですね。減塩増動が基本です。先日、美味い蕎麦を食べに山形に行ったのですが、蕎麦は美味かったのですが、タレが塩辛くて閉口しました。残念!!

IMG_1641.jpg
 秋の定義山五重塔


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康