So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

風邪に抗菌薬? [一般臨床]

医療系ネットの記事を見ていたら、風邪に抗菌薬を希望する患者についての調査報告が紹介されていました。外来臨床していれば、むやみやたらと抗菌薬を希望する風邪患者が多いことに誰でも悩むでしょう。ああ、野放図に抗菌薬を処方するかたは悩まないか???

そういう患者が現役の薬剤師だったり、看護学生だったりするとガッカリします。他のドクターが安易?に抗菌薬を処方した場合の言い草は、抗菌薬が切れて咳がひどくなったとか、ぶり返したとかですが、診察してみると全身状態は悪くないし、症状も良くなってきている。

ネガティブプラシーボ効果(薬が切れて悪くなったという思い込み)でしかない。いつも診ている患者には安易に抗菌薬を処方しませんが、他のドクターが安易に処方しているとややこしくなる。処方しないと真っ当な治療してくれないという目で見られる。やれやれ、、、

IMG_0136.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:健康

ゾフルーザとタミフル [一般臨床]

医学系ネットでゾフルーザとタミフルどちらを処方するか?とか記事が出ていますが、これ、今のご時世ならタミフルでしょう。一回処方で良いというゾフルーザは確かにコンプライアンスが良いとか尤もらしい議論がありますが、薬価が偉く高い。こんな高い薬をバンバン処方なんて今のご時世では好ましくないでしょう。こんな高い薬を喧伝するよりも、いかにインフルエンザワクチンを普及されるかの方が建設的じゃないのかね?

IMG_0088.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:健康

未病? [歳時記]

週刊医学界新聞に「未病」の座談会が載っていました。例の神奈川の物議を醸す?知事との座談会。内容とはと言うと、健康と病気には境目がなくグレーゾーンなんだというありきたりの話し。もともと知事が提唱していた未病とは違うのじゃないか?と思うのですが。

それに全体は健康づくりの健康日本21とどこが違うのか?という内容。まあ、健康日本21の知名度も低いので未病で来たのか?と勘ぐりたくなる内容の薄いというかデジャブ感のある内容でした。新しい言葉づくりよりも、本来、健康づくりはもっと地道なものでしょうなあ、、、、

IMG_0106.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:健康

ACE阻害薬は肺に悪い? [一般臨床]

BMJに気になる論文が載っていました。ACE阻害薬は肺がんリスクを高める可能性があると。わずかですが、そんなデータで、もっと例数を増やし長期に見ないとどうなのか?わかりませんが。もともとアンギオテンシン変換酵素は肺に豊富にあり、肺循環で変換されるのが生理的常識ですから、ACE阻害薬が肺になんらかの影響を与えるの可能性はあったのです。

が、肺がんリスクを高めるとは意外でした。咳の副作用が無い限り、私は好んで ACE阻害薬を処方しますが、さてどうしようか?一方のARBは有意差はないようですが、むしろ肺がんリスクを減じるとか、ホントかね?

ただし、この研究ではACE阻害薬の群は、男性が多く、喫煙率も高い、BMIも高いし、アルコール関連疾患も多いのです。特にタバコの方は統計解析で補正をしているというのですが、喫煙本数や喫煙期間が曖昧のようです。とは言いつつ、論文では非喫煙者だけでみても同様の結果だったと。でもね、サブ解析はサブ解析としての偏りがありますからね。

他にも社会経済的状況やアスベストの被爆歴や食事、肺がんの家族歴のデータがない。日本ではタブーされがちですが、社会経済的状況は癌を含めた疾患発症に大きな要因となります。ここらへんを明らかにできる研究調査が不可欠ですね。日本じゃ出来ないでしょう、なんせ日本はなんでかんでもARBですからね。

IMG_0082.jpg
 晩秋の尾花沢宝栄牧場 放牧されていた牛はもう里に帰されていた


コメント(0) 
共通テーマ:健康

熊はローストに向かないのか?知らなかった [歳時記]

医療系ネットを見ていると、日経メディカルに「ローストしたクマ肉を食べて旋毛虫症に」とあった。第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会で発表されたようです。ありゃ、熊肉はローストに向かないのかと思いました。野生鳥獣肉(ジビエ)ブームですが、注意ですね。

宮城県では、捕れた熊を熊鍋にして食べる地域があるんです。鍋は安全なのか。ローストは向かないようです。

IMG_0044.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:健康

専門医 [歳時記]

 先日、官製専門医制度の批判をしましたが、今までの学会の専門医は少なからず持っています。が、もう高齢者だし、止めようと思います。で、更新手続きはしないでおこうと。後期高齢者になるまでには全ての専門医を破棄しようと思います。
 官製の専門医制度に賛同する学会の専門医などは要らないのではないかね?

IMG_0031.jpg
秋の薔薇 実は我が家には犬も居ます でも犬は嫌いなのであまり写真は上げない
しかし毎日犬の写真は撮って関東に居る娘に送っている 娘の為に買った犬なのでそうなっています
でも犬は嫌い ネコはもっと嫌い 庭に糞していくから


コメント(0) 
共通テーマ:健康

学会に行けなかったけど高血圧治療の話題 [高血圧]

旭川の高血圧学会には行けなかったので、ネットやらで総会の様子を見ていますが、ちょっと気になる記事が。アンケート調査で医師の85%が高血圧治療に困っていると。それはそうでしょう。別にそれは問題視する必要は無いし、真摯な臨床家の悩みでしょう。

Medical Tribuneの記事ですが、『「これらの結果から、実地医家の約85%は高血圧診療に困っており、保健指導や栄養指導を求めていることに加え、治療中断者の抽出が重要な課題であることも分かった。解決策としては、自治体の保健師・栄養士による保健指導や国保データベース(KDB)システムの有効活用などが考えられる」』と、、、、でもね、、、

これ一見、正論に見えますが、確かにそうですが、予算区分からするとおかしいのです。医療費と自治体の保健指導のコストは別物です。自治体の保健スタッフは保健指導活動の業務があり、そのコストや人件費は自治体の予算枠です。そして医療は医療診療保険点数の枠組みで行われている。

勿論、杓子定規に物事を考えては地域医療の協調体制も築けないから困りますが、こういう記事が出る度に、いったいその人件費やコストは誰が持つのか?と思います。大学の偉い先生の素人意見では困るのですが、そのコストの点は学会では発言されていたのか?と疑問です。

IMG_0013.jpg
 明石家さんまが立ち寄ったという山形の蕎麦屋さん。田舎蕎麦で大変美味かった。でもやはりタレが塩辛かったです(笑)。


コメント(0) 
共通テーマ:健康

国家管理の強化 専門医制度 [歳時記]

ネットのニュースを見ていると「厚労省、専門医機構に16の意見・要請を通知へ、基本領域学会にも」こんなタイトルニュースが。国家管理によって専門医制度の専門医だと診療報酬が高くつく準備でもしているのか?それに妥協して本来アカデミズムの各学会も国の太鼓持ちに徹しているのか?

確かに、爺医から見ると昨今の専門医制度で知識豊かな若いドクターが増えた気はします。しかし、診療にそれほど差があるとは思えない。むしろ、大学病院も基幹病院も臓器別でトータルの司令塔が無くて、「それはうちの領域じゃありません」と冷たくされる事が多い(これは多分にDPCも影響しているんでしょう)。

総合診療科で統括して診て貰うといいのだけど、そんな機能はない(ありゃプライマリケアだけで診断つくとそれで終わりかね?)。そんな中で親切なドクターが「それはうちの領域じゃないけど、こちらから◎◎科に相談してみましょう」と言ってくれるのがとっても有り難い。

医療業界、専門医制度じゃなくてドクターその人の腕と人柄、人脈が大切なのね、ああレトロな世界だ、、、学会はアカデミズムであることを忘れないで欲しい。製薬会社との癒着もね、、、、なんだかな、、、

IMG_9988.jpg
 宮城県牛野ダム湖 キャンプで賑わっています 
コメント(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病性腎症と糖尿病性腎臓病 [腎臓]

透析を担当しているのですが、やはり糖尿病性腎症が困るのです。これ血管病変なんでシャントアクセスがトラブルを起こしやすい。さらに動脈硬化閉塞病変が生じやすい。なんとも厄介です。ところで、この糖尿病性腎症とは似ているけど、ちょっと概念が違うのが最近の糖尿病性腎臓病なんでしょう。前者はDiabetic nephropathy で、後者が Diabetic kidney disease です。

簡単に言えば、糖尿病性腎症は、まず糸球体過剰濾過を起こし微量アルブミン尿となり、やがて顕性たんぱく尿、腎機能低下、腎不全になる。しかし、糖尿病性腎臓病は必ずしもこの経過を辿らない。でも腎機能の悪化に糖尿病も一枚かんでる。糖尿病以外に加齢、高血圧、肥満、脂質異常などが腎機能の悪化に影響している。

腎臓屋として注意すべきは、たんぱく尿がないから糖尿病性腎症ではないと油断すると、意外に腎機能悪化の早い糖尿病性腎臓病だったりすることでしょうか。

IMG_7356.jpg
 しまなみ海道
コメント(0) 
共通テーマ:健康

かかりつけ医って誰だ?欧米か? [歳時記]

タイトルのネット記事がもう出ていますが、本当にそう思います。財務省がかかりつけ医以外にかかると自己負担を上乗せする案を出したとか。じゃあ、内科のかかりつけ医が眼科も診て、整形外科も診て、なんでも診られるのか?あの「総合医」でなんでもやるのか?英国の家庭医制度がモデルなんだろうか?あの英国モデルは破綻したんじゃないのかね?そもそも日本で「かかりつけ医」制度は健全に機能しているの?

いわゆる専門医制度も国家管理となり始めている。僻地医療にはドクターの強制派遣まで考えられている。国家管理で上手くいった試しはないのですよ。我が国の医療を考える官僚群は昔のギャグの「お前は欧米か?」というレベルじゃないのかね。

IMG_9971.jpg
 秋の薔薇は朱が鮮やか
コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -